新潟県長岡市山古志宿泊割烹旅館丸新  
山古志割烹旅館丸新 皆様のお越しをお待ちしております。
ご宴会/お食事
山古志弁当
割烹旅館丸新Facebookページ
丸新三代目修行奮闘ブログ
山古志割烹旅館丸新 写真家中條氏の写真
山古志・小千谷闘牛情報
山古志アルパカ牧場情報
山古志イベント情報
山古志割烹旅館丸新 愛犬ボブ
受賞作品(山古志の角突)
古志高原スキー場情報
蓬平高龍神社情報
丸新リンク集
新潟県長岡市山古志丸新養鯉場
大豆工房むさしの庵
新潟県小千谷市飲み屋スナックゆうこ
新潟県長岡市・小千谷市コンパニオンクラブハニービー
山古志割烹旅館丸新モバイルサイト

2016年 アルパカ牧場オープンしました!!
餌をあげたり触れ合ったり出来ますので遊びに来てください(*・ω・*)

アルパカ牧場

住所:新潟県長岡市山古志竹沢乙284
連絡先
株式会社 山古志アルパカ村
0258-59-2062
料金
見学:無料
エサ:1袋100円
行き方
当館から山古志中学校に向かいます。
山古志中学校を右手に見つけたらそのまま真っすぐ50メートル道なりに行くと
右手にアルパカ牧場の手作り看板があり、そこから細い蛇行する道を降りていきますと
アルパカ牧場に到着します。(車で約5分)


アルパカの事をよく知ろう!
↓くわしくはこちらから↓

山古志アルパカ
Facebook 山古志アルパカ村ページを開設しました!
皆様に楽しんでいただける写真や動画の情報をお届けします!!

山古志アルパカ Facebookページ
山古志にお越しの際は、当館での昼食なんていかがでしょうか(*・ω・*)
昼食、夕食の御食事メニュー(ご利用2日前までに要予約)
予約であればお昼時や夕食もご利用頂けます。
アルパカ見学牛の角突き直売所などで来られた際に
少し贅沢なお食事をご家族、ご友人で気軽に楽しみ憩いのひとときを。
山古志弁当 1,000円
日本そば、天ぷらセット 1,200円
和食料理(お刺身付きで6~9品) 1,500円~3,000円
お食事プラン!!詳しくはこちらから(クリック)
◆申込方法◆
TEL 0258-59-2375

山古志アルパカ牧場

2012/06/02更新
大好評の山古志アルパカ牧場に新しい仲間が増えました♪
このほどアメリカから新たに計14頭のアルパカが到着しました♪♪
新たに仲間入りしたのは、1歳未満の雄7頭と1歳未満から10歳までの雌7頭!
雌のうち3頭が妊娠していて早ければ今週中にも出産予定らしい!?
白黒の乳牛のような模様のアルパカも加わりました(^O^)/

山古志アルパカ牧場
山古志アルパカ牧場
2011/11/26更新
復興のシンボルにもなっているアルパカ12頭が米国から到着し
2カ所の牧場に放牧された。集まった住民らは「かわいいね」と歓声を上げていた。
油夫牧場に雌5頭、種苧原(たねすはら)牧場に雄7頭を放牧した。
山古志地域のアルパカは計31頭になった。

2011/09/30更新
今年3頭目で初めてオスの赤ちゃんが生まれました。
お母さんはバニラキャラメルで初子です。
山古志アルパカ牧場赤ちゃん
新潟県長岡市山古志竹沢の油夫(ゆぶ)集落のアルパカ牧場に新たに11頭が仲間入りし、計17頭になった。
これまでの6頭と同様、米コロラド州の牧場経営甲斐典子さん(62)のもとから来たもの。11頭は生後11か月から14歳までで、うち8頭は昨年生まれ。先輩の6頭とほとんど支障なく合流し、長い首を絡め合ったりしていた。小型の1歳オス「ハーレー」は、訪れた女子高校生らに盛んに「かわいー」と茶色い毛をなでられていた。

6年前の新潟県中越地震で大きな被害を受け、過疎と高齢化が進む旧山古志村(現長岡市)を活性化させようと、地元の住民有志らが南米原産のラクダの一種「アルパカ」の牧場を近くオープンさせる。米国在住の牧場経営者が「復興の役に立てれば」と3頭の寄贈を申し出たのがきっかけ。地元では「飼育を各集落に広げ、ゆくゆくは山古志を『アルパカ村』にしたい」と意気込んでいる。

アルパカを寄贈するのは、米コロラド州でアルパカ牧場を経営する甲斐典子さん(61)。数年前から、牧場で刈り取ったアルパカの毛を山古志に贈るなどしてきた。

山古志の住民有志らは、牧場の運営主体となる「アルパカ組合」を結成。油夫(ゆぶ)集落に確保した約10アールの土地にアルパカを放ち、集落の高齢者らが中心となって世話をする。アルパカの雄1頭、雌2頭は16日に米国から日本に到着し、検疫を経て11月2日にも山古志での飼育が始まる見通しだ。

山古志は国の重要無形民俗文化財「牛の角突き」で知られ、牛舎があることから、2~3メートルの雪が積もる冬場はここをアルパカの飼育場所として活用する。

アルパカの上質な毛で作った毛糸を活用し、特産品の開発も目指す。養蚕の経験がある地元の高齢者には、毛糸づくりを担当してもらう予定。そのノウハウも伝授する甲斐さんは「アルパカが山古志の新しい顔となり、多くの人が訪れ、地域に潤いを与えてくれれば」と話している。

雌2頭のおなかにはそれぞれ赤ちゃんがおり、来春には計5頭に増えそう。受け入れ窓口となる長岡市役所山古志支所の青木勝支所長(59)は「闘牛の飼育・管理で培った山古志の技術が大いに生かせる」と自信をみせる。誘客にもつながると期待しており、牧場用地の隣にある自らの空き家を訪れた人々との交流拠点用として提供する。

山古志アルパカ牧場


山古志割烹旅館丸新 最新情報 山古志割烹旅館丸新 料金について 山古志割烹旅館丸新 写真家中條氏の写真 山古志割烹旅館丸新 錦鯉の生産について 山古志割烹旅館丸新 交通案内アクセス